資格の更新方法

認定資格は、役割を担うための最新情報の更新などを目的として有効期間を発行から2年間としています。資格を更新するためには、以下の研修を行ない、所定の手続きを完了することで更新されます。更新された認定資格は、2年間有効で、次ぎの更新も同じ方法で行なわれます。

なお、資格更新手続きは、資格期間終了日三ヶ月前より行えます。 

 

更新のための研修  

資格失効前に下記の一つに参加し、研修する必要があります。

1.中国国際茶文化研究会主催の国際検討会に参加

     (2年に1度開催/日本国外)

2.中国国際茶文化研究会主催の更新対象指定研修会に参加

     (年に2,3回開催/日本国外)

3.日本事務局が行なう国内での「更新のための研修会」に参加

4.日本事務局が承認した「自主研修」とレポート提出による日本事務局の承認

      (詳細の内容については、日本事務局に問い合わせ下さい)

 ※ 1,2については、使用言語に日本語が含まれないことがあります。

 ※ 参加費用は各自負担。 

 

更新要件の特例  

出産等已むを得ない事情により、上記研修が行えないため、 資格更新を行うことができない場合、資格更新に関しての特例が適用される可能性があります。該当する更新希望者は日本事務局に お問い合わせ下さい。 

 

INFORMATION

 

 

   

中国茶レッス  

紅茶レッスン  

 

*中国国際茶文化研究会認定

「中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター講座)」
2017年度お問合せ受付中

2017年10月開講

お問合せの方にご案内をしております

 

*香茶苑認定資格取得講座

「おもてなしの中国茶講師養成講座

2017年11月スタートクラス受付中


 *普洱茶特別講座 全3回

2017年12月-2018年1,2月

ご予約受付中