サロン ド シャンティについて

サロン ド シャンティは、2004年1月紅茶教室としてスタートしました。

「シャンティ」という言葉は、ヒンドゥー語で「満ち足りた感覚」と知り、

サロンにお越しくださる方々に、

1杯の丁寧にいれたお茶でそんな気持ちになっていただけたらという

思いを込めて付けました。

 

2004年4月より香港中国茶専門店「茶藝楽園」にて中国茶講座講師を担当。

帰国後は、中国茶と紅茶が学べるサロンとして現在に至ります。 

 

また2013年からスタートした中国国際茶文化研究会認定「中国茶指導・導師」の

登録研修機関として「香茶苑(かおりちゃえん)」という漢字名をつけました。

「苑」という字は、「(学術や芸術の)中心」という意味があります。

「お茶のよい香りがするみんなの喜んでいただけるところ」になってほしい願っています。

 

「お茶との出会い」をお手伝いすると共に、

「茶」をアイコンとした「お手伝い」が出来ればと考えています。

 

その一歩として、皆さまの参加費の一部を

SVA公益社団法人シャンティ国際ボランティア会」の会費とさせていただいています。

会員となることで、安定して活動を支援できるそうです。

必要とされるところに支援を続けている会をこれからも応援していきたいと思います。

  

「いいものを世に伝えたい」 という思いから 

日本の茶産地のひとつ静岡県梅ヶ島の「隠れ茶を守る会グリーンコネクションズ」を

応援しています。 

2013年6月3日

静岡県梅ヶ島を訪れ

緑茶「隠れ茶」の茶畑、

紅茶「山霧の香り」の茶作りを

見学させていただきました。こちら

 

2017年6月27日

静岡県梅ヶ島を訪れ、

緑茶「隠れ茶」の

茶摘み体験をさせていただきました。こちら

INFORMATION

 

 

   

中国茶レッス  

紅茶レッスン  

 

中国国際茶文化研究会認定

「中国茶指導老師(中国茶アドバイザーインストラクター講座)」
2018年度お問合せ受付中

2018年10月スタートクラス受付中

お問合せの方にご案内をしております

 

*香茶苑認定資格取得講座

「おもてなしの中国茶講師養成講座

2018年11月スタートクラス受付中

第4木曜日